子育てアプリ 便利 新米ママ
子育て×エンタメ情報
\ママのお悩み解決♪便利なアプリ/
アウトドア

須磨離宮公園アスレチックの混雑状況は?2歳3歳や幼児は楽しめる?

「須磨離宮公園アスレチック混雑状況は?2歳3歳や幼児は楽しめる?」と題してお届けします。

神戸市須磨区にある須磨離宮公園は、噴水広場やバラ園など季節の植物が楽しめる広大な敷地の公園です。

その中で子供連れの遊びスポットで人気なのはフィールドアスレチック「子供の森冒険コース」です。

宝島がテーマになってる子供がワクワクするアスレチックだよね/chat]

 

入園料のほかはアスレチックにお金がかからないから、満足するまで何回もできるところが嬉しいね!

 

須磨離宮公園のフィールドアスレチック「子供の森冒険コース」は小学生以上が対象です。

小学生未満の子供は保護者の付き添いで楽しんでくださいね!

 

須磨離宮公園アスレチックの混雑状況は?

須磨離宮公園のフィールドアスレチックは、

などは小学生の列ができるほど人気です。

子供の森冒険コースの入り口に10〜15人ほどの子供のれ列ができれば、少ない時期に比べると混雑しているとも言えますが、

駐車場の入庫に長時間の列ができたり…

ひとつのアスレチックに1時間以上並んだり…

そんなテーマパークのような混雑状況にはなりません。

 

神戸を代表する六甲山のアスレチックは、

一度アスレチックの列に並んでしまうとアイテムの中でも渋滞してしまっていて、

3時間、4時間かかってもコースが終わらない…

そんな混雑状況と比較すると全然平穏なレベルです^^

 

出入り口に何人か並んだり、付き添い付きの幼児を見守ったりも時々ありますが、

ひとつのアイテムで10 〜15分待つことがあれば長い方だと思います^^

 

スムーズにコースが回れれば30分ほどで十分ゴールに到着!

我が家の年長児にテーマの宝島の物語を読み聞かせながら進んだ時も40分程度でした。

小学中学年の男子が走るようにコースを回れば、15分足らずほどで帰ってくることも^^

(*全アイテムはせずに好きなものだけしてくるのかもしれません)

その理由のひとつは、子供が楽しむためのアスレチックなので小学1年生であれば自力でコースを進めるレベルの難易度のためではないでしょうか。

もしも、入り口付近で列ができていたり、混雑しているときは時間をずらして利用してみてくださいね!

好きな時間に何度でも楽しめるのも須磨離宮公園アスレチックの醍醐味です♪

 

大人は出入り口付近のお弁当広場でゆっくり待てますよ。

 

子供の森冒険広場は「宝島」がテーマになっていています。

船で出発して、海を渡り、釣りをしたり、小屋に登ったり、海賊に出会い、最後はたから探しへ。

そんなワクワク物語を楽しみながらひとつひとつクリアできる喜びがあり子供は大満足のフィールドアスレチックです。

フィールドアスレチックのコースの詳細は須磨離宮公園公式ホームページで見れるので、気になる方は参考にしてくださいね!

<フィールドアスレチック>

 

運動靴で楽しんでくださいね。

 

須磨離宮公園アスレチックは2歳3歳も楽しめる?

上記で紹介しましたフィールドアスレチック「子供の森冒険コース」は対象年齢が小学生以上です。

なので、2歳児には危険がたくさんですね。

もちろんパパママが完全付き添いでロープや丸太を感じさせて遊ばせる程度であれば、楽しめるかもしれません。

大型連休や行楽季節の週末で、小学生がゾロゾロワイワイガヤガヤ楽しんでいる時期でなければ、

きょうだいに付き添うパパやママが2歳くらいの子供を抱っこしながら…という場面も時々見かけます。

緑の中を一緒に歩くのは楽しいと思います^^

3歳になれば、恐怖心と戦いながらも「やってみたい」というアイテムもいくつか出てくると思います。

安全対策のヘルメットや手足ガードを着用してパパやママと一緒にチャレンジすると、達成感も味わえるでしょう!

高いアイテムやロープのアイテムなど難しめのものは無理の内容に楽しんでくださいね。

コース内は森の中なので、アップダウンがあり転倒には十分注意が必要です。

 

須磨離宮公園にはアスレチック「子供の森冒険コース」の他にも小さな幼児が遊べる遊具があります。

2歳・3歳のあいだは、児童遊園のすべり台、ブランコ、砂場、ジャングルジムなどの遊具がおすすめです。

 

須磨離宮公園アスレチック幼児は楽しめる?

7歳も4歳の娘も2回楽しめるアスレチックでした。
フィールドアスレチックの対象は小学生以上なので、幼児ひとりに保護者ひとりの同伴が必要です。

 

付き添いは必要ですが、4〜5歳の幼児でも高いところや登り下りの動作が得意だったり、アスレチックに慣れている子なら、親はアイテムの下からサポートや見守りで進めることもできると思います。

不安定なロープのアイテムや高度のある危険そうなアイテムは保護者も一緒に登る方が良いですね。

大人は体力がないと大変ですが、幼児も小学生もとっても楽しんでいるアスレチックです。

 

幼児にオススメはジャンボ滑り台と児童遊具

須磨離宮公園には、幼児が楽しめるアイテムがフィールドアスレチックの他にもまります。

ひとつはジャンボ滑り台。

注意書きがあるほど勾配がありスピードが出るので、怖いと感じたらおすすめはできませんが、みているより滑ってみたほうが楽しいようです。

 

安全第一なのでスピードのコントロールが難しい幼児はご無理なく!

滑り台の下の広場には湯遊べる遊具もあります^^

 

まとめ

須磨離宮公園 アスレチック 混雑状況

「須磨離宮公園アスレチック混雑状況は?2歳3歳や幼児は楽しめる?」と題してお届けしました。

幼児から小学生まで子供に大人気のフィールドアスレチックでした。

2歳、3歳の小さい幼児も4、5歳の幼児も保護者の付き添うのもと楽しめるので自然の中で体を使った遊びで楽しんでくださいね!

アスレチックの他にもジャンボ滑り台や遊具など子供が遊べるものがたくさんあり、1日中飽きずに遊べる須磨離宮公園です。

友達や家族とたくさん体を動かして遊んびましょう^^

<須磨離宮公園>

*夜間開演イベントもあり

年末年始(12月29日〜1月3日)

小中学生:200円

最後まで読んでいただきありがとうございました。

RELATED POST